読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめのない日記

思ったこと気づいたことなど、思いついたら書くようにしています。興味があればご覧ください。

マイナンバーについて

マイナンバーの運用が始まるということで、今更ですが調べてみました。

個人を識別できる番号を付与して、個人にひもづくデータに関連付けさせて、
税金や年金の管理がしやすくなるとのこと。それにより、不正受給者や
年金の計算に間違いが内容になると書いてありました。
しかしそれは、役所関連の仕事でのメリットは大きいと思いますが、
国民にとってのメリットって少ないと思います。
そもそも、年金の間違いなんて杜撰な管理をしていた運営者の問題ですので、
システムでデジタル的に管理できたとしても、まともな人間が運営しないと同じことです。
 
今後、マイナンバーに関していろんな機関で管理することになると思います。ナンバーの情報が漏れるとその人に関するあらゆるデータが取得出来てしまうというリスクのほうが高いのと思います。いくらシステム側でセキュリティ対策したにせよ、結局は人間がすることですので、悪いことをしようと思えば入手が可能だと思います。
デジタルデータですから、あっという間に流出ということも大いに考えられます。
正直反対なのですが、もう既に交付されてきているようです。
今後、交付されてもマイナンバーの使用は最小限にとどめたほうが良いでしょう。
そのうちWEBサービスでも個人識別として使用することになってくると思いますが、
気をつけないと情報漏えいのリスクを高めることになります。